喜寿祝いの贈り物に家系図をプレゼント

喜寿祝いの贈り物に家系図をプレゼント

作品例

喜寿のお祝い

喜寿とは、77歳のこと、あるいは77歳の年寿を祝う儀礼のことをいいます。
喜寿は数え年の77歳のことを指しますので、満年齢では76歳となります。

喜寿は、「喜」の字を草書体で書くと、「十七」の上に「七」が付いたような文字で「七十七」
に見えることから、77歳を喜寿と呼ぶようになりました。現在、世界一の長寿国である
日本では、喜寿は一般的な長寿の祝いとなっています。

喜寿のお祝いは、紫の頭巾、紫のちゃんちゃんこ、紫色の扇子など、紫色のものが贈り
物としてプレゼントされてきましたが、最近の傾向としては、より実用的なもの又は記念
に残るもの、そして年寄り臭くないものが喜ばれているようです。

古希のお祝いに家系図を贈る

77歳の方では、平均3代〜4代前と遡れる世代はそれほど多くはありませんが、その分、
お子さんやお孫さんなど下の世代が多くなりますので、大変豪華なものとなります。

家系図は一族みんなに関係しているものなので、興味がある方も多いはず、きっと
お祝いの場を盛り上げてくれることだと思います。

家系図を贈り物にする場合の注意点は、作成期間を考慮して、注文するということです。

家系図を作成するには、戸籍調査が必要となります。個人差はありますが、転籍の
少ない方で約一ヶ月、転籍の多い方では二ヶ月以上かかることもあります。

あなたにとって大切な方の人生に一度のお祝いですから、 是非素敵な思い出にして
あげてください。

喜寿のお祝いに家系図を贈ったお客様の声

画像をクリックすると直筆の全文が見れます。

喜寿祝いに家系図を贈ったお客様の声

父が喜寿を向かえるにあたり何かいい記念になる贈り物はないかと色々考えていた折に「ふと」父がかねてよりご先祖様(いわゆるルーツ)の事を伝えるように語りかけることがあった。
作成頂いた家系図は大切に保管して事ある毎に親族が集まれば披露して行きたいと考えております。

喜寿祝いに家系図を贈ったお客様の声

素晴らしい家系図で想像以上の仕上がりに驚いています。家系図は、自分には縁のないもの・・・代々由緒ある家柄の方だけのもの・・・と思っていました。しかし、結婚を機にお互いの先祖のお墓参りをしたり、親戚一同が集まった際など、色々な話を聞くうちに少しずつ興味が湧いてきました。→全文はこちら

オススメはデラックスプラン! −より詳しくご先祖様のことを知りたい方に最適のプランです−

デラックスプラン

→デラックスプランの詳細を見る