古希祝いの贈り物に家系図をプレゼント

古希祝いの贈り物に家系図をプレゼント

作品例

古希のお祝い

古希とは、70歳のこと、あるいは70歳の年寿を祝う儀礼のことをいいます。
還暦は満年齢で60歳のことを指しますが、古希は数えの70歳(満69歳)となります。

古希は、中国唐代詩人「杜甫(とほ)」が、「曲江詩(きょくこうのし)」の詩句にある「人生
七十古希稀なり」に由来しています。古来は70歳まで生きることは稀なことでしたが、
現代では、古希は一般的な長寿の祝いとなりました。

古希のお祝いは、紫の頭巾、紫のちゃんちゃんこ、紫色の扇子など、紫色のものが贈り
物としてプレゼントされてきましたが、最近の傾向としては、実用的なもの又は記念に
残るものを贈ることが多いようです。

古希のお祝いに家系図を贈る

70歳の方では、平均3代〜5代前まで遡れることが多く、お子さんやお孫さんがいる方
では6世代から8世代の家系図となり、大変豪華なものとなります。

家系図は一族みんなに関係しているものなので、興味がある方も多いはず、きっと
お祝いの場を盛り上げてくれることだと思います。

家系図を贈り物にする場合の注意点は、作成期間を考慮して、注文するということです。

家系図を作成するには、戸籍調査が必要となります。個人差はありますが、転籍の
少ない方で約一ヶ月、転籍の多い方では二ヶ月以上かかることもあります。

あなたにとって大切な方の人生に一度のお祝いですから、 是非素敵な思い出にして
あげてください。

古希のお祝いに家系図を贈ったお客様の声

画像をクリックすると直筆の全文が見れます。

古希祝いに家系図を贈ったお客様の声

最初は古希の誕生日を迎える母にどんなプレゼントを送ろうかと考えていたところ、ネットで家系図作成本舗さんのホームページと出会いました。申し込み後、出来あがりまで首を長〜くして楽しみにまっておりました。母にあげるはずのプレゼントなんですが息子の自分が楽しみでした。実際に出来あがりを見たとき、母さえも知らなかった家系なども知ることができ、非常にロマンを感じました。こういう先祖の方々がいて、今があるんだなと。

古希祝いに家系図を贈ったお客様の声

父が今年古稀を迎え家族旅行に行く事にしました。旅行先で父に誕生日プレゼントを渡そうと思い色々兄弟で考えていました。毎年、両親には誕生日プレゼントを贈っているのですが、歳も歳ですしなかなか良いプレゼントが見つかりません。しかも古稀という節目の誕生日ですので何か記念に残る様な贈り物をしたいと思っていました。今後、家系図により子供達、孫達にご先祖様への感謝、敬う気持ちの大切さを教えていけたら何よりと思います。

古希祝いに家系図を贈ったお客様の声

父の誕生日のお祝いに何が良いかとネットで調べていたところ「家系図」がブームになっているということで、まずは家系図を贈ることを決定しました。父の誕生日は節目の70才ということもあり、きっと喜んでくれるものと確信しています。→全文はこちら

オススメはデラックスプラン! −より詳しくご先祖様のことを知りたい方に最適のプランです−

デラックスプラン

→デラックスプランの詳細を見る