さかのぼれる年代がお客様個々に違う理由

さかのぼれる年代がお客様個々に違う理由

さかのぼれる年数について

どのくらい前のことが分かるのかは、最も気になるところだと思います。
江戸時代の末期と言われても漠然としていますので・・・。

しかし、残念ながら、何年前の何代前まで記録があるのかは、
調べてみなければ分からないのです。

「調べてみなければ分からない」とお答えするのは、
私たちとしても非常に心苦しいことなので、 詳しく説明させてください。

さかのぼれる年数はご先祖様の生存期間で変わる

私たちは古い戸籍を取得して家系図を作っております。
現在取得できる最も古い戸籍は明治20年頃に作られた戸籍です。
明治20年は今から125年前になります。

この古い戸籍には、その当時、生きていた人だけが載っています。
(戸籍が作られた時、既に亡くなっている人は載っていません)

例えば、明治20年に作られた戸籍に、当時25歳の人が載っていれば、
その人は今から150年前に生まれた計算になります。
50歳の人が記載されていれば、175年前、
75歳の人が記載されていれば、200年前までさかのぼれたことになります。

さかのぼれる年代

つまり、江戸末期に生まれたご先祖様の生存期間によって、
さかのぼれる年数が変わるのです。

具体例として、下のイメージ図をご覧下さい。
依頼者様は30歳代の方です。
この方の場合、天保6年生まれのご先祖様(高祖父の父)が、
明治の戸籍が作られた当時、存命であったので、戸籍に名前、婚姻日などの記載がありました。

また、このご先祖様の戸籍欄からその父親の名前も判明しました。
父親の生年は不明ですが、一世代30年と考えると、
今から200年以上前の1800年代初期に生まれたご先祖様と推測することができます。

さかのぼれる年代

明治の戸籍が作られた当時、ご先祖様の中に長生きしている人がいれば、
より古い年代のことが分かるのは間違いありません。
しかし、長生きしているご先祖様がいるかどうかは、人によって事情が違います。
どのくらい前まで分かるのかを、明確にお答え出来ないのはそのためです。

さかのぼれる世代数について

○何代前までさかのぼれますか?
○曾祖父までの名前は知っているので、それ以前の名前はわかりますか?

といったご質問も良くいただきます。

さかのぼれる世代数は親子間の年齢差で変わる

さかのぼれる年数の上限はおおよそ200年です。
例えば、親子間の年齢差の平均が30年であれば、
200年の間に約7世代入ることになりますので、
本人からみれば、6世代前まで判明することになります。

親子間の年齢差の平均が25年であれば、
本人からみて、7世代前まで判明する可能性があります。

ただ、親子間の年齢差も人によって事情が違いますので、
さかのぼれる世代数も一定ではありません。

また、世代数はご依頼する方の年齢によっても変わります。
上のイメージ図では30代の方で6世代前までさかのぼったことになっていますが、
60代の方から見るとさかのぼったのは5世代ということになります。

そのため、何代前までさかのぼれるかをはっきりとお答え出来ないのです。

戸籍の内容をあらかじめ知ることはできない

あらかじめ電話などで戸籍の内容を確認出来れば良いのですが、
個人情報ということもあり、問い合わせには回答してもらえません。

あくまでも戸籍を請求してみなければ、
内容はもちろん、廃棄されているかどうかも分からないのです。
(古い明治の戸籍は廃棄されていることもあります)

明確にお答えできないのは、私たちとしても心苦しいのですが、
ご理解いただれば有り難いです。

サービス紹介ページにもどる